長期服用する53歳親父のミノキシジルで育毛への軌跡

育毛成分ミノキシジル

ミノキシジルとは、毛髪の成長を促進する作用を持つ成分の一つとされ、頭皮に残る毛髪に栄養補給を促す事が出来るので不健康な状態となる髪質や細く短かいままにある軟毛を強くコシの有る硬毛へと変化させてくれる効果を持つとされており、国内では市販薬としても販売が認められている医薬品の一つリアップシリーズに1%あるいは5%の割合で配合が行われており、一般的に普及しているAGA治療に用いる事が出来る育毛剤成分となります。
ミノキシジルの特徴として、本来は血圧を下げる事を目的として開発が行われた成分となり、剤形を錠剤としており高血圧症を罹患している方が投薬を継続する内に体毛が濃くなるという副作用の報告が有り、その後に研究が進み臨床試験により髪を成長させる効用が認められ現在では育毛剤の成分として用いられており、剤形を液状とし頭皮に塗布する事で効果を発揮すると言われ、液剤の弱点として頭頂部には成分透過が十分で有るものの生え際等の液だれを起こし易い部位に対しては不十分となり効果がまばらになる事があるとされています。
作用としては、頭皮に対して塗布する事で毛穴の中に存在する毛乳頭細胞あるいは毛母細胞を活性化させる事ができ又、その下に走る無数の血管を拡張する事で食事等で摂取した養分を血液循環により頭皮に輸送する事ができ、毛髪の成長を促進するとされていますが、明確にその作用は究明されていないともされています。
頭皮が薄くなるのは個人にも差が有り、生え際のみのAGA治療であれば液剤は適していない事は上述しましたが、そういった際には後発薬から剤形を錠剤に変えたミノタブと呼ばれる製品も登場しているので全体的あるいは生え際を中心に治療を検討している方には、錠剤に切り替える事が推奨されます。
又、医師によっても認められていますが、プロペシアという発毛剤との併用は相乗作用により、高い有効性が期待出来るともされており、プロペシアは薄毛の原因とされる物質の産生を阻害する事が出来るので、これから新しく生えてくる髪の成長を助ける事が出来るとされ、AGA治療ではミノキシジルとプロペシアの二つを用いる事が良いと考えられています。

AGA治療に有効なミノキシジルとプロペシアを調べる

サイトメニュー

育毛成分ミノキシジル